映画

映画「華氏 451」(2018年)あらすじと感想!U-NEXTで無料視聴

華氏 451

2018年アメリカ作品のSF映画「華氏 451」をU-NEXTで見ました。

やんしも実績

冒頭の映像から「炎」「本」が映画のキーワードになるのかな?って出だしから面白そうな映像だったのでワクワクしてみていました。

 

映画を見る前に、このブログを読めば楽しさ倍増ですよ!

 

 

今回は、映画「華氏451」のあらすじ、ネタバレ感想について紹介していきますので最後まで読んでみてください。

 

 

映画「華氏451 」の作品情報

 

タイトル 華氏451
公開年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 100分
ジャンル SF

 

映画「 華氏451」あらすじ

 

 

「華氏451」あらすじ

書物を読むことが禁じられた近未来の世界。幼いころに両親を失い、自分を育ててくれたベイティ隊長の元で主人公のモンターグは、書物を燃やすファイヤーマンとして日々を送っていた。

ある日、膨大な数の書物を発見し、全ての書物を燃やす命令が下された直後に家と書物の所有者である老婆が「オムニス」と言う言葉を残して焼身自殺をしてしまう。

 

 

映画「華氏451 」のキャスト・スタッフ

華氏451のキャスト。スタッフを紹介していきます。

 

キャスト

ガイ・モンターグ…マイケル・B・ジョーダン「クリードチャンプを継ぐ男」「クリード炎の宿敵」「BONES]

ジョン・ベイティー隊長…マイケル・シャノン「テイクシェルター」「バッドマンVSスパーマン ジャスティスの誕生」「ホースソルジャー」

クラリス…ソフィア・ブテラ「キングスマン」「スタート・レック BEYOND」「モダン・ラブ」

レイヴン…リリー・シン

ダグラス…ディラン・テイラー

コミッショナー…マーティン・ドノヴァン「CIS:科学捜査班」「アントマン」「TENET テネット」

トニ・モリソン…カンディ・アレクサンダー「ER救急救命室」「CIS:科学捜査官」「パトリオット・デイ」

 

スタッフ

監督…ラミン・バーラニ「トレッドストーン」「ザ・ホワイトタイガー」

製作…デビッド・コートスワース「アンダーワールド」

原作…レイ・ブラッドベリ

 

 

映画「 華氏451」の見どころ

 

映画「華氏451」の私なりの見どころを紹介していきます。

 

「華氏451」の見どころ①近未来の世界観

 

原作レイ・ブラッドベリのSF小説。近未来の世界観が面白い。

2018年にリメイクされたということもあり、追跡ドローンやビルが画面化してニュースを流したり、記憶を消すための目薬。

書物を禁じられている社会。禁じられている書物を捜索し焼却する仕事。

思想を駆逐するために、言語を奪って統一しよとする社会。

本を焼かれても書物の内容を後世に残すため本を記憶しようする。

独特の世界観が面白いですね。

 

「華氏451」の見どころ②主人公の葛藤

 

主人公モンターグが徐々に本の魅力にはまっていく様子

 

モンタークは、書物を見つけ出し焼却する任務に就き誇りを持っていた。

押収物の中にビデオがあり、「何千もの語句を記事にして、誰もが読めた」

その映像を見てから、少しづつモンターグの心境が徐々に変わっていく。

 

 

映画「華氏451 」の評判は?

 

映画「華氏451」の評判は?

 

 

映画「華氏451 」の感想

 

映画「華氏451」の感想

私個人的には、人間を管理している社会、古い概念を排除しようとする傾向は、昔にも今にもあるなと感じました。

言論の自由が抑制されたり、異なった考えや習慣を異教徒扱いして弾圧したりする。

現在でも、ある国ではインターネットを制限したり、言論の自由が許されなかったり、国がメディアを利用して民衆を操作する。

民衆を操作する側にもそれなりの正義があるのかもしれない。

 

当たり前と思って植え付けられている概念をゆっくりと味わい「自分で考える」ことが重要であると感じた。

 

映画「華氏451」の残念だと思った点

個人的には、途中までストーリは楽しめていましたが最後の展開は、駆け足過ぎてもっと丁寧に表現して欲しかった。

 

 

映画「華氏451」登場人物の別の顔

 

昔、ジャッキーチェンの映画の最後によく「NGシーン」があったんですよね。

 

NGシーンを見ると映画で見る人物の印象がガラリと変わるんですよね。それが、凄く好きでした。

 

登場人物の別の顔を紹介していきますね。

 

マイケル・B・ジョーダン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michael B. Jordan(@michaelbjordan)がシェアした投稿

 

マイケル・シャノン

 

 

ソフィア・ブテラ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sofia Boutella(@sofisia7)がシェアした投稿

 

映画「華氏 451」を視聴して、映画の世界と今の世界を比べて考えることができて面白かったですよ。

 

今回は、以上になります。



 

 

 

-映画

Copyright© やんしも ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.