映画

映画「フッド:ザ・ビギニング」のあらすじと感想!レオナルドディカプリオ製作

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」

 

休みの日に、U-NEXTで「フッド:ザ・ビギニング」が配信されており、評価も☆☆☆☆4つだったので視聴しました。

結論、面白かったです。

 

映画を見る前に、このブログを読めば楽しさ倍増しますよ!

 

今回は、映画「フッド:ザ・ビギニング」のあらすじ、感想、視聴した後でも楽しめる内容(弓の指導者や衣装のコンセプト、出演者の素の顔)を紹介していきます。

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」の作品情報

 

タイトル フッド:ザ・ビギニング
公開年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 116分
ジャンル アクション

 

アクションや映像の迫力が好きな私的には、星4.5ですね。

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」あらすじ

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」のあらすじ

広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・クロスリーは何の苦労も知らずにいた。

十字軍として遠い異国で戦うまでは。

4年後、激戦を生き抜いていたロビンは、上官に歯向かったことで国へ返される。

そして、自分が戦死したことにされて領地や財産もすべて没収され、恋人も領民も鉱山へと追放されたことを知る。

どん底に落ちたロビンだが、戦地で敵だった最強戦士ジョンに導かれ、たった二人で腐敗した政府に反逆を開始する。

頭巾=フッドで顔を隠したロビンは政府からの金を盗み、それを領主として献上し政権のトップに潜入していく。

やがて貧しき者の代弁者<フッド>として、民衆の心をつかんでいくのだがー。

事態を重く見た政府は、ついに<フッド>を捕えるために戦地から最強の軍人たちを呼び寄せるのであった。

反逆者かヒーローか、ロビンの戦いの行方は?

公式ホームページより引用

 

YouTube予告動画

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」のキャスト・スタッフ

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」の豪華キャスト・スタッフの紹介です。

キャスト

ロビン・クリスリー………タロン・エガートン「戦場からのラブレター」「レジェンド 狂気の美学」「ロケットマン」

ヤキヤ・ジョン………ジェイミー・フォックス「アニー」「スリープレス・ナイト」「ベイビー・ドライバー」

ノッティンガム州長…ベン・メンデルソーン「キャプテン・マーベル」「レディ・プレイヤー1」「ヒトラーから世界を救った男」

マリアン………イヴ・ヒューソン「ブリッジ・オブ・スパイ」「パピヨン」「TELSA]

タック修道士…ティム・ミンチン「カリフォルニケーション」

枢機卿………F・マーレイ・エイブラハム「ホームランド」「グッドワイフ」「グランド・ブダベスト・ホテル」

ウィル………ジェイミー・ドーナン「プライベート・ウォー」「不都合な契約」「ルイの9番目の人生」

 

スタッフ

監督 オットー・バサースト

音楽 ジョセフ・トラパニーズ

脚本 ベン・チャンドラー:デヴィッド・ジームズ

製作 ジェファー・デイヴィンソン:レオナルド・ディカプリオ:ベン・チャンドラー

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」の見どころ

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」見どころ①

 

見どころは「弓の早打ち」です

 

弓の早打ちは、本当に凄かった。調べてみると、エガートン(ロビン役)とフォックス(ジョン役)は、ラーズ・アンダーソンというアチェリーの達人の元で指導を受け、トレーニングをしたとのことです。

 

映画で見ればわかりますが、相当トレーニングしないとあそこまでの仕上がりにはなりません。

是非、ロビンとジョン二人の弓さばきを見てください。

 

弓の達人である指導者のラーズ・アンダーソンが気になり検索したところ、弓さばきが尋常ではない!驚きました。

興味がある方は、是非ご覧ください。

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」見どころ②

 

見どころは「武器・衣装」です。

 

武器

映画に出てくる武器は、有名な武器デザイナーであるティム・ワイルドグースは、金属製の矢がこめられた回転式マシンガン付きのガトリング式メカニカル・クロスボウ、州長官が群衆を制するために使う催涙弾を発射するクロスボウなどすべて実際に使用できる。また、弓はキャラクターに合わせて1つ1つカスタマイズされたようです。

 

衣装

軍兵士のブルーの軍服は、北アフリカのトゥアレグ民族の衣装をもとにしている。炭鉱夫たちの作業服は、英国空軍1945年モデルの飛行服を参考に作ったそうです。

昔を忠実に再現したわけでなく、現実との繋がりを持ちやすいコンセプトで95%手作りした。

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」見どころ③

 

見どころは「馬によるカーチェイス」です。

 

映画の終盤には、4頭の馬車をジョンが運転し炭鉱内を逃げるシーンです。馬車同士のカーチェイスは、お互いが激しくぶつかり、見どころのシーンです。

 

迫力があり、手に汗を握る映像でした。

馬から人が落ちるシーンは、何度見てもハラハラしちゃいます。

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」の評判は?

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」の評判は!

 

弓の早打ち、弓さばきはかなり好評ですね。

 

映画「 フッド:ザ・ビギニング」の感想

 

映画「フッド:ザ・ビキニング」の感想

映画序盤の弓をもって戦場で戦うシーン、弓のガトリング式クロスボウの破壊力はアクション映画好きならたまらない映像でした。

弓の早打ちだけでなく、馬を使った戦闘シーンも迫力があり見ものです。

弱きを助け、悪を成敗するヒーローの物語で見ていて痛快。悪役の演技もとてもよくて、憎たらしいです。( ´艸`)

最後は、続編に続くような終わり方なので、続編が楽しみです。

 

映画「フッド:ザ・ビギニング」登場人物の別の顔

 

昔、ジャッキーチェンの映画の最後によく「NGシーン」があったんですよね。

 

NGシーンを見ると映画で見る人物の印象がガラリと変わるんですよね。それが、凄く好きでした。

 

登場人物の別の顔を紹介していきますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taron Egerton(@taron.egerton)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Foxx(@iamjamiefoxx)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eve Hewson(@memphisevehewson)がシェアした投稿

映画「フッド:ザ・ビギニング」は、見て本当に楽しめた映画でした。

今回は、以上になります。

U-NEXTで視聴できます。

 

 

-映画

Copyright© やんしも ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.