FX 副業

FX日足トレード手法(初心者は必見)おすすめの理由をトレーダーが解説

 

よくネットやYouTubeでFX初心者は日足トレードするほうがいいと言っているがどうなんだろう?

実際、日足トレードをしている人の話を聞いてみたい。

そして、初心者のおすすめのトレード方法があれば教えてほしい。

 

そのような疑問にお答えします。

 

この記事では

FX日足トレードとは

FX日足トレード手法が初心者におすすめの理由3つ

FX日足トレード手法のデメリット

FX日足トレード手法のおすすめ

 

この記事の信頼性

FXトレーダー

この記事を書いている私は、ド素人でFXを始めました。

FXトレード教室で学び、検証を重ねて、日足トレードにすることで毎年黒字です。

 

FX初心者の私は、1時間足でトレードをしていましたが、変な所でエントリーをしてしまい負け続けていました。

 

日足トレードに変えることで、安定して勝てるようになり毎年黒字です。

 

日足トレードの検証結果と現在の勝率です。(報酬比率1:1)

日足トレード手法 検証確率

 

 

こちらは、ココナラで私の日足手法を購入された方からのメッセージです。

 

日足トレード手法 検証日足トレード

 

日足トレードが、なぜ初心者にオススメなのか?

そして、おすすめの日足トレード手法を書いていきますので、最後まで読んでみてください。

 

 

FX 日足トレードとは

日足トレードとは

 

 

 

日足トレードとは

日足トレードとは

始値・終値・高値・安値の4本値を1日(24時間)で表したロウソク足でトレードすること

 

ロウソク足1本できるのが、1日かかると言うことです。(下記は日足のチャートです)

日足のチャート

 

 

もちろん日足トレード以外の時間帯でトレードはできます

 

例えば

・1分足

・30分足

・1時間足

 

日足とは、違って1分・30分・1時間でろうそく足ができます。

 

 

FX 日足トレード手法が初心者におすすめの理由3つ

FX 日足トレード手法が初心者におすすめの理由

 

日足は、多くのトレーダーが1番注目をしています。

 

FX日足トレードが初心者におすすめの理由3つ

ダマしに合いにくい

ポジポジ病にならない

1日1回チャートを見るだけでいい

 

一つずつ説明します

 

FX日足トレードはダマしに合いにくい

 

FX日足トレードでは、ダマしに合いにくいです

 

ダマしとは

ダマしとは、売買サインが出たものの、相場はそのサインとは全く逆方向に行くことを言います。

 

チャートが上がると思って買えば、下がるし

チャートが下がると思って売れば、上がる

 

そんな経験ありませんか?

 

ダマしは、おそらく大手機関投資家たちが、チャートを見てタイミングを見計らって損切り狩りをしています。

 

1時間足のチャートを使って「損切狩り」を説明しますね。

 

ダマし

 

①大衆は画面左のAやBを見て、Cのところで、AやBと同じようにチャートが上がると思い、買います(赤色のラインをレジスタンスラインととらえるから)。

買いを判断した大衆は、おそらく赤色ライン下の辺りで損切りを入れています。

 

②その行動を読んでいる大手機関投資家は、多額のお金を投じてチャートを下げます。(わざと大量に売ります)

③大衆は、損切りされます。

④さらに、大衆はチャートが下に行くと思い 今後は売りを入れます。大衆は、損切りをラインの上辺りに入れます。

⑤それを、読んでる大手機関投資家は、買いを入れて大衆を損切りさせるのです。

⑥大衆は、連敗します。

⑦大手機関投資家は、チャートが伸びたところで売って手仕舞いします。

 

 

もちろん、大手機関投資家は毎回仕掛けているわけではないです。

毎回仕掛けてしまうと、さすがに大衆もわかりますから。

 

 

では、日足でチャートを見て見ましょう

下記のチャートは、先ほどの1時間足のチャートを日足にしたものです。

先ほどの1時間足のチャートC点が、陰線と大陽線の下ひげ(包み足)になっています。

 

日足だと騙されますか?

 

陰線を大陽線の下ひげが包んでいるので買いますよね。1時間足のチャートを見ていれば、恐らく連敗しているでしょう。


0勝2敗です。

 

でも、日足だとダマされにくい。

 

これが、何度も起これば結果はどうなるかわかりますよね。

 

 

FX 日足トレードだとポジポジ病にならない

 

日足トレードだと、ポジポジ病になりません。

 

ポジポジ病とは

損を取り返そう、もっと儲けようとして、どんな時でもポジションを取っていたい状態です。

 

ポジポジ病になったことがある人も居るかもしれませんね。

 

特に初心者は、常に冷静な心理状態でトレードをするのが困難です。

 

ポジポジ病になる理由は

・「機会損失」と感じて、さほどチャンスでもないのにトレードしてしまう

・損失を取り返したい

・もっと稼ぎたい

 

ポジポジ病になるのは、こまめにチャートを見るからです。

 

1日1回と決めれば、絶対にポジポジ病になりません。

 

ポジポジ病を防ぐには、日足トレードは初心者にオススメです。

 

 

FX日足トレードだと1日1回見るだけでいい

 

日足トレードだと1日1回見るだけでいい。

 

FX初心者の多くは、本業に仕事を持っている人が多いのではないでしょうか?

 

仕事をしながら、チャートを細目に確認できるのは困難ですよね。

 

日足トレードなら1日1回チャートを見るだけなので、仕事に支障はありません。

 

私の場合ですが

・朝6時にチャートを見る

・チャンスが来ればエントリーする(予約注文)

・チャートの確認は、翌朝6時にする

 

1日1回だけ確認します。

 

私は約20通貨確認しますが、手法もシンプルなので2~3分で判断しています。

 

日足トレードは、1日1回だけの確認なので精神的にも楽ですよ

 

 

FX 日足トレード手法のデメリット

FX 日足トレード手法のデメリット

 

FXで日足トレード手法の唯一のデメリットは「エントリー回数が少ない」です。

 

エントリー回数が少ない

 

FX日足トレードのデメリットは、エントリー回数が少ない

 

特に短期足(1分足、30分足)でトレードをしていた人ならエントリー回数が少ないと感じ、手持ち無沙汰になるかもですね。

 

でも、忙しいトレードをしていてトータル負けているなら日足トレードは絶対おすすめです。

 

検証では月に約11回、リアルでは月に6~10回ほどですかね。(約20通貨の監視です)

 

デメリットは、これぐらいだと思います。

 

FX 日足トレード手法のおすすめ

FX 日足トレード手法のおすすめ

 

FX日足トレード手法のおすすめを紹介します。

 

 

FX 1日1回 初心者 勝つ日足トレード 教えます 【FX初心者おすすめ】簡単トレード!自分で稼ぐ力身につけよう

 

この手法のおすすめの理由

・水平線とロウソク足だけでエントリー

・インジゲーターやファンダメンタルズ分析が不要

・ココナラで130件の販売実績

・約20通貨、各10年分のチャートを何度も検証済み

・損切を入れる手法なので、急激な相場でも安心

・簡単な手法なので検証もやりやすい

・サポートが無期限。

 

FXの手法で「損切」を入れない手法をたまに見かけますが、絶対損切を入れない手法は避けましょう。

 

理由は、チャートが急激に動けば簡単にロスカット(口座の資金がなくなる)にあいますよ。

 

FXのトレード手法を習ったり、購入する際は、必ず「損切」するのかを確認しましょう。

 

 

-FX, 副業

Copyright© やんしも ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.