FX 副業

FXのだましはなぜ?起こるの?だましの原因と対策を解説します!

FXの初心者です。FXで「買いを入れると、チャートが下がって負ける」

「売りを入れると、チャートが上がて負ける」。これが、だましなの?なぜだましは起こるの?

 

そのような疑問にお答えします

 

この記事では

FXのだましはなぜ?仕組みを解説

FXでだましを避ける方法

 

この記事の信頼性

 

この記事を書いている私は、ド素人でFXを始めました。初めは、もちろん上手くいきませんでした。

FXトレード教室で学び、検証を重ねて、日足トレードにすることで毎年黒字です。

 

FXでチャートが上がると思って買えば、チャートが下がって負けるし

チャートが下がると思って売れば、今度はチャートが上がって負けるし「誰かみてるの?」って思う時がありますよね。

 

今回は、FXの「だまし」は、なぜ起こるのか?

 

だましの仕組みを知り、だましを避けたい人は、最後まで読んでみてください。

 

FXのだましはなぜ起こる?仕組みを解説

FXのだましはなぜ起こる?仕組みを解説

 

まずは、だましの仕組みの前に「レンジ相場」を説明します。

 

レンジ相場

 

レンジ相場とは、同じ値幅を行ったり来たりして、上下にチャートが動いている状態です。

 

下のチャートをご覧ください。

 

 

・下の赤い点線ラインがサポートライン、上の青い点線がレジスタンスラインと言われています。

 

・上向きの赤い矢印は、チャートを押し戻そうと買いの勢力が強い状態です。

・反対に下向きの青い矢印は、売りの勢力が強い状態です。

 

そして、レンジ相場は必ずブレイクします

 

上下のレジスタンスライン、サポートラインを超えたところを狙うのが、次に説明するレンジブレイクです。

 

レンジブレイク

 

初心者の方でも、聞き覚えがあるのではないでしょうか?

レンジブレイク手法を説明します。

 

先ほどのレンジ相場から、抜けたところを狙うのが「レンジブレイク手法です」

 

下の図では、チャートがレンジ相場から、レジスタンスラインを超えた(赤の矢印)で買い(ロング)を入れます。

 

 

上の図では、トレーダーの多くが買いを狙っています。

 

実は、そこが「だまし」の原因です。

 

FX「だまし」の仕組み

 

「だまし」の仕組みを、説明しますね。

少し、おさらいです

・レンジ相場という、決まった値幅で上下にチャートが動くいている状態がある。

・レンジ相場は必ずブレイクするので、ブレイクしたところを多くのトレーダーは狙っている。

 

チャートを動かすほどの大手機関投資家は、多くのトレーダーが狙っているブレイクアウトを更に狙っています。

 

下の図は、AUDJPYの1時間足です。

 

・上記のチャートを見るとサポートラインを超えて、トレーダーの多くは売り(大陰線)を入れています。

・少しもみ合いがあるが、大きな買いが入って(大陰線)サポートラインへと押し戻しています。

 

これが「だまし」になります。

①サポートラインを超えた

②多くのトレーダーは、売りを入れる

③機関投資家は、莫大な資金で買いを入れて、チャートを押し上げる

④多くのトレーダーは、損切りに合う(勝手に買わされる)

⑤更にチャート(買い)が伸びる

⑥機関投資家は、伸びたところで売りを入れて手仕舞いする。

 

このように大手機関投資家は、明らかにブレイクする場所を適度な間隔で狙ってきます。

チャートを上下に振って、混乱させて利益を得るのです。

 

 

FX だましを避ける方法は

FX だましを避ける方法は

 

FXのだましを避ける方法

①トレードの時間軸を長くする

②損切を入れるトレードをする

③時間軸を長くした検証をする

 

一つずつ説明しますね

 

トレードの時間軸を長くする

 

トレードの時間軸を長くするです

5分足、30分足、1時間足などの方は、日足にしましょう

 

理由は

短期足(5分・30分・1時間など)だと「だまし」に合いやすいから

 

下の図は、先ほど紹介したAUDJPYの日足です。

 

黄色で囲っている「十字」が、先ほどブレイクアウトした個所になります。

 

日足で見ると「十字」ですが、これで「売り」に入ります?(1時間足なら私も売りに入りますけど…)

 

日足だとこのように「だまし」にあう確率は、相当避けられます。

 

日足で「長いひげ」が出ている場合は、「だまし」が出ている個所が多いので、確認してみてください。

 

損切りを入れるトレードをする

 

だましのダメージを最小にするため、損切りを入れるトレードをする

 

たまにFX商材で「損切を入れないトレード」を見かけます。やめましょう、リスクが高すぎます。

 

例えば、下記のような場合

・サポートラインをブレイクしたので売る

・その後、押し戻されてチャートが大きく上に行く

・損切りに気づかなければ、キャッシュアウト

 

 

だましのダメージを最小限にするためにも、損切りを入れるトレードをしましょう

 

時間軸を長くした検証をする

 

トレードの時間軸を長くした場合、検証をする

 

レンジブレイクやダウ理論を狙ったトレード手法なら、時間軸を長くすれば「かなりの確率でだましを避けられます」

 

検証する理由は

・短期足ほど「だまし」は多くなっていることがわかる

・長期足で検証することで「だまし」にかかりにくいと自分で確認できる

 

 

長期足に変えて検証してみましょう

 

検証については、こちらで詳しく説明しています

FXトレード検証のやり方5つの手順【勝ち越し兼業トレーダーが解説】

 

 

FX だましを避けて トレードを楽しもう

 

 

FXトレードでチャートを見ていて、「だまし」の仕組みを分かっていると、「だまし」の個所が分かります。

 

FXのチャートを操作できないのは、わかっていますが…なんか「やられた感があって」悔しいです。

 

私も初めは1時間足でトレードをしていましたが、日足に変更することで「だまし」に合うことがほぼなくなりました。

 

短期足のトレードをして、負けている方は「日足トレード」がおすすめです。

 

 

今回は、以上になります

FX 1日1回 初心者 勝つ日足トレード 教えます 【FX初心者おすすめ】簡単トレード!自分で稼ぐ力身につけよう

このブログでは、FX初心者が勝つための内容を書いています

 

こちらも合わせて、お読みください

FX 勝つ人の特徴と負ける人の特徴【知っていると知らないとでは大違い】

 

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

-FX, 副業

Copyright© やんしも ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.